公開履歴
お腹の大きな妊婦

性行為を行ったあとはやはり妊娠のリスクもありますので、まだ子供を持ちたくないという場合はしっかり避妊をしておく必要があります。
予定していない妊娠の場合も、その後に出産を選ぶという人もありますが、やはり今できては困るということもありますし、母体に危険のあるときなどは中絶が選ばれることもあります。
中絶すると出産を避けることはできますが、女性には精神的にも肉体的にも負担は少なくありませんので、できることなら避けたいところです。
避妊をしっかり行うためには、まずは基礎体温をつけておき、妊娠しやすい時期はよく把握しておきましょう。
さらにコンドームなどの避妊具も利用すればさらに効果的です。
コンドームは特に手軽に取り入れることができる方法ですが、完全ではありませんし、男性があまり協力してくれないことで悩んでいる人もあるのではないでしょうか。
そういった場合は避妊薬を飲んでおくことで、より確実な避妊を行うことができますので、服用も考えてみてはいかがでしょうか。
正しく飲めばかなり避妊を確実にすることができますが、やはり正しい飲み方をすることが大切ですので、医師の指導を守り正しく服用しましょう。
飲み忘れたときは、飲み忘れに気づいたときにすぐに飲み、避妊具なども併用するなどで対応しましょう。
失敗してしまったという場合も緊急避妊薬を利用すれば妊娠を防ぐことができますので、早めに医師に相談しましょう。
こうした薬は高い効果を期待できますが、性行為からあまり時間が経つと良い効果を得ることは難しくなってしまいます。
72時間以内に飲むことが推奨されていますが、できるだけ早く処方してもらい、正しく飲んで、望まない妊娠を防いでいきましょう。

記事一覧
多色なカプセルと葉

避妊薬を使ったことがない方は、興味があってもなかなか気軽に一歩を踏み出せないことも多いです。 一般的...

多色なカプセルと葉と瓶

プラノバールは、女性ホルモンが配合された薬です。 プラノバールを性交渉の前から服用開始する方法と、性...

白い錠剤と葉

モーニングアフターピルは確実な避妊が出来ます。 妊娠を防ぐことができるため、緊急避妊薬として多くの女...

ハートのモチーフを持っている女医

結婚をしても子供を作らない、という方が最近は増えてきています。 結婚をしていても子供を作る事を考える...